FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音ちゃん用リンク脚(ダム付き)

 毎度、舞鈴堂でございますよ。

 mixiの方に新しい音ちゃんの脚を設計した図面をアップした際にtwitterにも連動させたのですが、どうにも画像が見れないとのコトなので、改めて此方にアップしてみました。


 脚部全てにリンク構造を取り入れると下半身の表現力が下がってしまうので、一応膝から上は現状のパーツを流用する方向で設計しました。

取り敢えず脚部だけの図面各種

 取り敢えず、新型のふくらはぎは、現状のモノに比べると幅が50%程細くなり、厚みは現状そのままの大きさになりました(但し足首を細くする為、ふくらはぎ部分も細すぎているので、追加パーツ等で厚みを増す必要があるかも知れません)。

 膝から下をリンク式にすると、サーボ単独の関節に比べて保持力が向上が望まれると同時に、CPUのポートに空きが出来るのが大きい利点かと思われます。
スポンサーサイト

姫様ノーマル化計画

 毎度、舞鈴堂でございます。

 船場ロボットファッションショーも終わりましたので、そろそろ姫様を元の黒髪仕様に戻してやらねばと新しくヘッドとウィッグを買ってきました。

 今回使用するヘッドは船場仕様と同じオビツ50用(所謂MIZUKIヘッド)で、ウィッグは船場仕様で初めて使用したまんだらけの「ひめかずら」ブランドから姫カットモデルで、ドールアイは船場仕様と同じオビツオリジナルグラスアイのブルー。

 衣装は元々のイメージ通り青貴重の衣装を用意してやらないと行けないのですが、一番の問題はヘッドのメイク。


 剣姫は(一応)バトルロボットなので、船場仕様の様につけまつげだと見栄えは良いモノのバトル中に飛んでしまうので、描き込みメイクをしてやる必要があるのですが、流石にドールのメイク心得は無いので……。

 困った、困った。

ギニャー

 週末に姫路ロボチャレンジを控えての昨今、如何お過ごしでしょうか?

 舞鈴堂でございます。

 明日の夜勤を控えた状態でハードウェアは完成し、残すはモーションの調整だけとなった状況で……。

 膝に使ってる2350HVのサーボリードが燃えたっ!

 こげくさい状況で半泣きで分解してたら、マサ吉さんから借りたTEC-1からコンデンサーが(基盤パターン巻き込んで)モゲてる!!


 どうすんだよ、俺!?







 その後、出社前に半泣きで2350を分解した所、サーボリードのショートが原因っぽかった(内部FETは焼けておらず、リードだけが取れていた)ので、改めて半田付けした所、2350さんは無事に動いてくれました。

 TEC-1の方は、胴体のレイアウト都合でPSコネクタをクニクニしてたりしたんで、基盤とコネクタ間の配線が切れたりするのは予想できた(実際にケーブルが取れたのは補修したりした)のですが、コンデンサがパターンごとモゲルとは予想外でした。

 取り敢えず夜勤明けの作業リストに、とろけたリードの巻き添えを食らった他のサーボリード等の交換に加えて、操縦系をPSコンからKRC-1へ変更する作業が加わりましたヨ……。

今日の進捗

 毎度、舞鈴堂で御座います。
 本日も先日に引き続き進捗ネタで御座います。

 メインの機体である「剣姫」の方は、サーボ配線の延伸用に50mmケーブルを購入。
 両端にコネクターが付いているので、片方をぶった切った後、サーボの基盤に半田付けする(その際に、スイッチデバイスからCPU基盤へのケーブル延伸作業も行う)予定です。

 また「剣姫」に関しては外装として着用する浴衣を仕立てるのに必要な生地の大きさを掴む為、仕立てに必要な箇所の採寸作業をしました。

 この作業で取りあえず必要な生地の大きさが判りましたので、明日当たり着物屋へ行って好みのデザインの端布を見繕う予定です。


 続いて「剣鎧王ミニ」に関しては、トレードマークとなりつつある「RB1000」のマスク装着作業を行いました。


2007080101.jpg


―と言っても「頭のサーボは飾り(By:デネブ)」なので、本来ならサーボの出力軸がある面とフレームを留めているネジに5mm程度のスペーサーを挟んで嵩上げした後「RB1000」のマスクをあてがい、マスクに空いているネジ穴の箇所にピンバイスで下穴を開けた後、M2×8程度のネジで強引にサーボケースにネジ止めして完成(一応、ポーズなど取らせて見ました)。

 以上、本日は割りとおとなしめの作業に終始した一日でした。

本日の進捗

 舞鈴堂で御座います。

 ロボゴングまで後二週間を切った本日の進捗は……。

 プラスティックで造った仮のフレームでここ数日放置気味だった「剣姫」は、完成したアルミフレームへの組み換え作業をしました。

 コレで全体のバランスが把握できるようになったので、衣装の方に取り掛かってもらえるハズ……。

 とりあえず剣姫計画の一番の懸念であった頭部へCPUを搭載は、ドールの頭部に加工を施した以外に、これと言った問題もなく完了。

 但し、各部サーボ配線をCPUへ接続した際に一部(膝に使用している788HV)の配線延長が僅かながらに足りない様子(各部関節を動かすとツッパる)ですが、コレはケーブルを延伸すれば解決できる筈なので必要なパーツを購入して後日配線を変更する予定。


 変わって、昨日ココのブログで紹介した「剣鎧王ちび」の方は、脚部サーボを固定しているフレームを裏表ひっくり返してサーボを固定することで全高を約5mm程度低くしました。

 コレで少しは転げにくくなれば良いのですが……。

 後は、新しく買ってきたスイッチデバイスをRCB-1HVに取り付け、頭部にRB1000用のフェイスガードを取り付けようと思ったのですが……。

 「頭のサーボは飾り(By:デネブ)」の為、本来ならあるべき首の長さ分だけ頭部の高さが足りず、フェイスガードが胸部に干渉してしまうことが判明したので、フェイスガードの取り付けは断念<期待してくれた桃色兎さんゴメン

 「剣鎧王ちび」の方は、これ以上改造する予定は無いので、明日からモーションを作らねばならないのですが、操作するのがたかぽんなので、取りあえず前後左右への移動(+起き上がり)と若干の攻撃モーションを作製する予定です。

 以上、本日の作業報でした。

PS:現状の「剣姫」を見せるのは余りにアレですし「剣鎧王ちび」の方も外見的には殆ど変わってないので、本日の写真はナシですヨ(・x・)b
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。