スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回船場ロボットファッションコンテストに参加してきました

 毎度、舞鈴堂でございます。

 10/10に開催された『船場ロボットファッションコンテスト』に剣姫と兜丸で参加してきました。

 今回、オビツ50の頭部(&グラスアイ)と腕部に加えてオビツ60の交換用胸部パーツを使用した外見重視仕様となった剣姫には、私からの希望である「和」のイメージにデザイナーさんたちが剣姫に抱いた「桜」のイメージを上手く取り入れたデザイン衣装が上がって来たので、劇場版「Ghost in the shell」のサントラから「M05 謡II - Ghost City」を使用した「神楽舞」をイメージしたモーションを用意。


 事前準備の段階でCPUボードが焼けてしまった為、13軸仕様のRB2000である鎧丸とのニコイチで復活した兜丸には、アフリカの呪術師的なイメージの衣装を取り入れたメカニカルシャーマン的な衣装が出来上がってきましたので、此方のモーションはRB2000のサンプルモーションのダンスを呪術師の祈祷風に調整し直したモノと、基本モーションをデザイナーさんが用意した音楽に合わせて踊らせると言うコンセプトにしました。


 剣姫の順番ですが二、三度名前を間違えられて正直(つд`;)しょぼーん


 剣姫(つるぎひめ)って、読み間違えない様にわざわざ訓読みに統一してあるのに、音読み統一の誤読(ケンキ)は兎も角、音訓混濁の読み違え(ケンひめ)とか正直ありえなす。


 閑話休題。


 実際の演技の方は、当日用意して頂いた鈴が思ったよりも重かった為、若干前重心となったのが災いしてか一度転けてしまいましたが、それ以外は大きな問題も無く完了。


 兜丸の方は、足首ロール軸のネジが一本外れていたことによって歩行に問題をきたしてしまったり、転倒からのリカバリー時にコントローラーの電池蓋が外れたのを一瞬でリカバリーしたりしてしまい、NHK取材の時は特に問題がなかっただけにハプニングが多かったのが悔やまれます。


 今回はファッションショーと言うコトもあってか、ドール系のロボットがいっぱい集まっていました。

 その中から独断と偏見で数台を紹介☆<写真は無いですがね

 まこ君が今回のファッションコンテストの為に用意したお嬢様(機体)は、MDDの衣装がそのまま着れると言う優れモノ!

 腕部こそ未完成状態でドールのモノを(現地で強引に)取り付けて居ましたが、見学に来ていたみんなのやす君を初め、ドール系ビルダー垂涎の四肢の細さがすばらしかったです。

 通天閣メイドロボットイベント(?)以来のご無沙汰になりますローゼン・ゼペットさんの亜里栖(ありす)は、事前の申請で特別に演技時間の延長が認められていたのですが、音響さんとへの伝達ミスか、演技(BGM)が一分で切られてしまうと言うハプニングが……。

 他の機体と比べても群を抜いた関節の稼働数から繰り出される作り込みのすばらしいダンスの演技だけに、中途半端な感じで終わってしまったのが悔やまれます……。


 こそこそ団が誇る新型機こと識樺(しるか)嬢は、ウチのたかぽんと同じぐらいの大きさなんですが、その大きさながらも不気味の谷へ落ちることなく「萌え」を確立出来ている辺りがスゴイです。

 ただ、運搬方法が「大きなキャリーバッグに入れて運ぶ」なので、端から見ると誘拐犯以外には見えないと言う危険性が……。


 つーてんかくさんの所の娘さんは、バキュームフォームで作られた外装が特徴的な機体。
 今回は腕が未完成のままでの参加でしたが、市販品を加工して使っている私的には、その自作外装の出来映えはすばらしいものと思います。

 完成したら是非もう一度見せて頂きたいですね……。


 一度お会いしたかったカイン技師さんのマヌイちゃんの現物が見れたのが私的には最高でした。

─が、マヌイちゃん自体がパレードのみの参加だった上、識樺ちゃんがステキだった為、マヌイちゃんと剣姫のツーショット写真を取り忘れると言うポカをやらかしてしまいました……。

 しかも、その事実に気付いたのは、帰宅途中の道中でしたとさ……(ノД`)・゚・


 他にも色々個性的な(デザインや衣装の)ロボット達が登場したファッションショーでしたが、演技が終わってから審査の為に展示方法がちょっと難ありでしたねぇ……。

 サイズ的に仰向けでは置けない識樺ちゃんやドカハルミ嬢を初め、機構的に寝ころんで置くことが出来ないクィーン・オブ・チェスとかあったわけですし、マサ吉さんの所の様に紙で作られた衣装なんかは、仰向けに寝かしていては審査しにくいと思うのですが……。


 余談となりますが、残念ながら私のロボット達はどちらも賞レースには絡めませんでしたが、コラボした学生さん達の用意して下さった衣装は、入賞作品に引けを取っては居ないと感じています。


 最後に行われたパレードでは参加した人形型ロボットを集めての記念撮影会がコッソリと行われていたのですが、其処に便乗して撮影していた写真が新聞記事になっていたのが結構ビックリでしたね~。



以下:後日追記分

 そう言えば今月発売のロボコンマガジンには、船場ロボットファッションコンテストの記事が掲載されており、其処に剣姫も取り上げて頂きました。

 また、同誌にはロボファイト12の記事も掲載されており、そちらにはカスタマイズ事例として船場仕様の剣姫が掲載されました(此方のコーナーでは剣姫の内部構造写真が掲載されています)。

 でも、コンテスト直前のNHKの取材(2回)とロボコンマガジンの取材の計三回も恥ずかしい姿(キャストオフ状態+パゲモード)を全国に晒した姫様には正直スマヌと思う次第……。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。