スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回ロボプロチャレンジカップに行ってきましたヨ?

 毎度、舞鈴堂で御座います。

 週末に行われたロボプロチャレンジカップへ参加してきましたヨ~☆

 今回は自律クラス、チャンレンジクラス、Duoクラスの三種目にそれぞれ兜丸(RB2000:15軸+PSDセンサー搭載)、鎧丸(RB2000:12軸)、黒破(Beauto-duo:基本ノーマル+PSコントローラー端子+ライントレースセンサー端子装備)で参加してきました。


 今回はいつもと違って、参加機体は全て準備済みだったので早寝だぜ~?

―と行きたかったのですが、我が家の小娘様が夜中まで眠らない&バッテリーの充電を忘れていた為、いつもの様に夜更かし状態のまま睡眠した所、早朝に「ミルク寄越せ!」と言う泣き声で目を覚ましたら時計は既に8:45。


 因みに受付開始は9:00~9:30。


 我が家から会場であるヴイストン社へは、電車で約1時間半なので最早絶望的と思われましたが、車での移動時間は約40分(高速使用ルート)。

『コレならイケル?!』

 既に受付が始まっている時刻なので、念の為にヴイストン社に若干遅刻する旨を電話で伝えて、いざ移動開始!

―だったのですが、湾岸線から神戸3号に乗り継ぐ港大橋が工事の為、渋滞!!

 おまけに渋滞の車列がギリギリ港大橋にかかる状態だった為に既にルート変更も出来ず、なかなか流れない車列に再度絶望を感じて居たのですが、意外や意外に工事区間が橋の手前だった為、何とか流れ出した車列に乗って一路御幣島~ヽ( ´ー`)丿

 か~な~りの遅刻でしたが、競技開始前には会場へ到着できて一安心。

―と思いきや……。

 駐車場がみっちり車で埋まってますヨΣ(゚ロ゚ノ)ノナンデストー

 焦らず騒がず、駐車スペースでは無いが邪魔にならなさそうな場所を選んで車を駐車し(後で空車スペースが出来た際に停めなおしました)、何とか受付を済ました。


 既に会場は満席状態だったので、端の方の開いたスペースを確保し、いつものようにお店を開いた後は、スケジュール的に一番最初となるDuoクラスの準備をしなければならないのですが……。

 前日センサーボードを組み立て損なってしまった為「今回は棄権かな~?」等と言っていますと、親切なSakiaさんが競技の間、センサーボードを貸して下さることに!

 しかもSakiaさんのセンサーボードは遮光(覗きに非ず)対策のスカート付きですよ! スカート付き!! LEDが見えても恥ずかしく無いモンですよ!!!<落ち着け

 因みにDuo自体がCPUボードのモードを切り替えないと自律に出来ないことをこの時初めて知りましたが、コレはSakiaさんもお世話になったナッキィさんの御厚意で無事解決☆

―と言うわけで、いろんな人にお世話になりつつ挑戦したDuoクラスの一走目は、意外にキビキビとした動作でコースを攻めたものの最終コーナーで運悪くラインアウトした為に記録無し(正確には「最終コーナー」までの到達距離の記録)。

 初めてのとは言え、完走への確かな手応えを感じつつ、お昼からの第2走に備えます(―と言っても別段プログラムを弄るわけでも無いのですが……)。



 次なる競技は自律。

 以前、CPUとケーブルを接続する為の端子がもげてしまって以来、モーションの調整とはご無沙汰だった「兜丸」ですが、当日桃色兎さんから別端子への接続用コネクターを借り、探査モーションの微調整だけ行いました。

 今回は一回戦シードの為に二回戦からの参戦となり、相手は既にZeno先生を倒した「ジローちゃん♪」……Σ(゚Д゚; )モウダメダ

 試合の結果は皆さんの予想通り、あっさりと敗北しました。

 試合内容は兎も角、直前に弄った探査モーション(のパラメーター)も割と良好だったようで、探査行動に関しては上出来だったと思われます。


―トコロが!

 トーナメント表の妙によって、な~ぜ~か三位決定戦に進出(´∀`)ツ 

 但し、三位決定戦の相手は「NIKIRA」との激戦に敗れたものの、自律部門では強豪の「VRX-0」なので、既に敗北確定です……(ノTДT)



 さて、気を取り直してチャレンジクラス。

 今回は4台によるリーグ戦なので、最低でも4回は対戦できる……。

―筈だったのですが、1台棄権の為に全員入賞確定となってしまいました……(´・ω・`)

 前日発表の予定表から、予選のリーグ戦がある程度連続で行われるだろうと言うことが判ったものの、ノーマルバッテリーの手持ちが心許なかった私に当日夜中(に別件ついで)の申し出に対して予備のノーマルバッテリーを用意して貸してくれたけーすけくん有り難う~ヽ(゜ヮ゜)ノ

 とても助かりました。

 さて、予選リーグですが……。
 1戦目に対戦したKHR-2HV「桜機」に敗北したものの、同じRB2000の「BOUND DOG(から改名した機体)」に勝利し決勝進出となりました。



 続くDuoクラス第2走。

 第1走から完走記録が出ている中、ギュンギュンコースを攻める「黒破」さんは、何と暫定2位の記録で第2走を終了です(その後「黒破」以上の攻めを見せたSakiaさんの「ダーティ・スノーマン」が一位記録を打ち立てた為、第2走終了時点で暫定3位になりました)!



─で、自律競技の三位決定戦。

 敗北必至の覚悟で、マサ吉さんの「VRX-0」といざ対戦!

―と言いたい所だったのですが「VRX-0」は、一回戦の段階で膝のサーボが焼けてしまい、交換作業をすると連覇を狙うNanoクラスへの調整に響くとのことで棄権。

 たなぼた的に三位をゲットです~ヽ( ´ー`)丿



 次はチャレンジクラスの決勝。

 対するは予選で敗北を喫した「桜機」。

 元々私はKHR-2HVユーザーなので「ノーマルKHR-2HVの弱点は知り尽くしているゼ~?」と言いたかったのですが、モーションも大して弄っていないノーマルで13軸のRB2000では、その弱点を攻めることが出来ません……(´・ω・`)

 そんなこんなでバトルは進み、カウント4対4。

 どちらかがダウンした時点で勝負ありの所まで来ましたが、ここに来て機体内部で無線コネクターが外れ、コマンドを受け付けない状態になるトラブル発生Σ(゚Д゚; )

 最早タイムを取ることも出来ず「10カウントで負けるぐらいなら」と言うわけで、機体トラブルによる棄権での敗北となってしまいました。



 最後は、Duoクラスの第3走。

 参加機体が全体的にペースダウンする謎の状態(現場では「気温等の環境的変化かな?」と言う話が出ていました)。

 残念ながら「黒破」も完走をすることは出来ず、記録は「トゲ」でしたが、この第3走では「黒破」の第2走時の記録を超えることが無かった(正確には2位の機体がタイムを縮めましたが記録更新で順位に変動が無かった)為、3位入賞となりました。



 結果的に見れば、Sakiaさんや桃色兎さんにけーすけくんの御協力によって、全ての参加競技で入賞することが出来たのはラッキーだったと思います。

―が(持ち物が足らない等の)詰めの甘さも目立ちました。

 更に今までゴリ押しで誤魔化して来たVR-RC003とRobovie-Maker使用時のモーション作成やPSDセンサー増設のコツを教わりましたので、これらの対策を経て次回に繋げて行きたいと思う次第です(その為の予算確保が重要ですが……)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。